アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【備忘録】7月3日(月):夏の入り口

f:id:Azure-Dragon:20170703202634j:plain

 

ずいぶんと書くのをサボりまくっていたが、ようやく再開の運びとなった。あいかわらず経済的に苦しい状態に変わりはないが 、春に積極的に「就職活動」を行った結果、単発の仕事が決まって、1,000円、2,000円と小銭がじゃらじゃらと入るようになってきた。それがちょうど手元のお金がなくなるタイミングでうまい具合に入ってくるものだから、結構助かっている。まさに「カネは天下の回り物」なのだなあと思う。

★★

◆できたこと・うれしかったこと

1.外泊したことで気分転換ができ、また仕事に取り掛かる気持ちができたこと

★1

毎月の最終週のどこかに必ず「月次レビュー」の日を設け、1カ月の反省をすることにしている。都心のビジネスホテルを1泊予約して外泊先を確保、早めにチェックインして近くのカフェでその月の自分の行動を振り返るのだ。

とまあ、こういうふうに書くとかっこよく見えるが、これまで一度もちゃんとできたことがない。特にここ半年ぐらいは、一人暮らしの家事ややりかけた仕事などに追いまくられて、ついつい先延ばしにしてしまっていた。むしろ、3年前ぐらいの絶不調の時のほうが、場所はマクドナルドであったもののきちんと毎週レビューをやって、自分の悪いところを反省出来ていたのだ。

それが、昨日はもともとキャンセルするつもりがキャンセル期限時刻の15:00をいつのまにか過ぎてしまい、しぶしぶ泊まりに行ったという事情があった。いわば強制的に外出・外泊したわけだが、環境がガラッとかわったことで、自分の焦りや不安と直に向き合うことができて、心に余裕を取り戻すことができた。それが、今日のブログ復活につながっているわけである。

今日はスケジュール通りにこのまま就寝、明日朝早く起きて仕事を開始することにしよう。 

◆できなかったこと・悔しかったこと

1.他のブログに手を付けられなかったこと

★1

実は、このブログ意外にもライブドアの方でブログをやっているのだが、ご多分に漏れずそちらもなかなか停滞気味なのである。食べたいものを食べられなかったり、お金に困ったりすると、僕の場合はすぐに精神に影響がでて、情緒不安定になっていしまう。要するに、落ち込んで何もやる気がなくなってしまうわけですな。こういうことをかれこれ30年も繰り返していて、いまだにその悪循環から抜け出せずにいる。

まあ、でも上でもちょっと書いたが、最近は実入りがちょっとだけよくなってきて、食べたい物を食べたい時に、いちいち財布の現在有高を気にしないくてもよくなってきた。これは僕にとって、多いなる進歩だ。ふー、こういう生活にあこがれていたんだよ。僕もサラリーマンの頃には、普通に外食できていたんだけどなあ。もっとも、最近はご飯を完全に玄米食に変えてしまったので、外食できそうなところはないわけだが。

あ、それともうひとつ、自宅でゆっくり夕食を摂るようになると、しっかり噛んで食事をするので「食べ物をじゅうぶん味わって食べる」ということを最近覚えた。どんな安い食材でも、何度も噛んで味わうようにすれば、それはそれでとても幸せな気分になれて、感謝の気持ちが湧いてくるものだ。

一度にひとつのことしかできないのにあれもこれもやろうとしていたから、物事がうまく行かなくなってしまったのかもしれない。これからは、ひとつのことに目処が立つまでじっくりやってから、次の仕事に移るようにしたい。

★★★

 東京都議戦は自民党の大敗、因果応報というべきか、おそらく好き勝手にしていたバチが当たったのだろう。いつまでも変わらないこの日本は、かつてのローマ帝国みたいにおそらくもダメだろうと思っているのだが、これで少しは変わるきっかけが掴めるのだろうか。それもまた、小池知事次第ということになるのかな。

それじゃ、また。