読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー:遙かなる旅路~障害に悩むすべての人へ~

ココロの病気・カラダの病気とともに生きる、50代おっさんフリーライターのブログです。

【備忘録】2月11日(土):書を捨て、街へ出る(ことばっかり、このところ)。

f:id:Azure-Dragon:20170211085707j:plain

 

車にうっすら積もっている雪。道理で冷えるはずだ。

まだしっかりと検査してもらったことはないが、どうも自分はADHDも入っているらしい。もともと大阪人は「いらち」といってせっかちな性格だが、それにしても自分は気が短すぎる。と言っても常にイライラして周りの人に当たり散らしているわけはないので、ご安心を。

なにしろ、列に並ぶことができない。できないというか、並ぶのが大キライ。サラリーマンの人たちが、夕方の帰宅時に銀行のATMにズラッと列を作っているのを見ると「えー、なんでそんな無駄な時間の使い方するん?」って頭の上に?マークが10個も20個も並んでしまう。お金を引き出したいのなら、コンビニのATMにすればよいのに。

自分がやって来たことを誇らしげに自慢したいのではないが(いや、ちょっとはしたいが)、ここ数年間か銀行のキャッシュカード・コレクターと化して、様々な銀行カードの使い勝手を試行錯誤しまくってきた。キャッシュカードだけでなく、クレジットカードやデビットカード、ローンカードまで作りまくっては解約の嵐。どこからどうやってお金を引っ張れるか、ずいぶん勉強になったわい。

 

★★

 

◆できたこと・うれしかったこと

1.昼食・夕食と、しっかりしたご飯を食べることができた

2.頓挫していたMacBookProが起動できるようになった

 

★1

食べることに目がない人間である。子供の頃はすこぶる好き嫌いが多く、体に悪いモノばっかり食していた。清涼飲料水とスナック菓子が大好物、その一方で野菜や果物、水をぜんぜん摂らない。おかげで虫歯だらけになり、頻繁に歯医者にお世話になった。

しかし、中学生ごろから偏食を克服することに異様なる情熱を傾け、みかんや納豆、ピーマン、スイカなど食わず嫌いで通っていた食物を片っ端から克服していった。

例えば、納豆などはあの独特のニオイと食感がダメで「こんなモノは食べ物じゃない!」と息巻いていたが、通常の納豆を細かく砕いた「ひきわり納豆」を味噌汁にいれることにより、とても美味しく食べられるようになった。

食べ物は、調理の仕方で結構おいしく食べられたりするものだ。生のままがムリなら、汁物に入れたり、焼いたり、細かく刻んだり、カレーの具にしたりすれば、意外と食べられるようになるかもよ。

★2

2日前にハードディスクドライブ(HDD)を間違って全消去してしまい、困り果てていたところだったのだが、今日またちょっとネットで調べて「OSのインストーラーをUSBにインストールしてインストールディスクを作れば、そこから起動できる」らしいことを発見。

さっそくUSBキーを用意して、Mac App StoreからOSX El Capitanをダウンロード。USBにインストールしようとしたら、エラーメッセージが出まくり。

しかし、なんとか踏ん張ってUSBインストールキーを作ったものの、今度はMacBookProがそのUSBを認識しない。ええー、どうなってんの!?

そうこうしているうちにもう1つ方法を見つけた。「復元ディスク」で起動する方法だ。しかしこれもエラーが出て結局うまくいかずじまい。

最終的にいろいろネット検索していたら、コマンドキー+Rキーを押しながら電源をいれると、macOSユーティリティーの画面が出てきて、コンピュータを復元できそうな気配。やったぁ、Mac一台潰してもうたと思ってたのに。助かったww

やっとこれで、当初の目的であった、BootCampにWindows10とOfficeをインストールすることができるわ。でも今日は時間がないので、また明日。

 

◆できなかったこと・悔しかったこと

1.またまた細かい用事に振り回され、重要な仕事ができなかった

 

★1

そもそも今日は、一日中家にこもってこれからのビジネスプランをじっくり立てる予定やったのに、急にMacのことで解決策がひらいめいちゃったもんだから、そっちにのめり込んで午後の時間はまるまるつぶれてしまった。

自分としては超高速で仕事や家事を片付けているつもりなのだが、寝る時間帯にどうしてもずれこんでしまう。オークション出品、ブログ、アルバイト、家事、英語の勉強、これらを同時につつがなくこなすことは、一人暮らし歴20年の僕でもけっこうハードだ。

せっかく毎朝4時に起きれるようになったのだから、明日こそは、腰を据えて計画立案をしっかり立て、PDCAを回す第一歩としたい。

 

★★★

 

夏にブラブラしていたツケが冬にどんとやって来た。なぜもっと早くから取り掛からなかったのだろうと自分を責めたくなるが、こればかりは自分の性分なのだから仕方がない。1つのことにのめり込めることは、発達障害者である僕の大きな強みだ。

「アイデア」「スピード」「カイゼン」の3つが僕の武器だ。これを限りなく高速でやりつツケている限り、きっと光は見えてくる。まだ見ぬその日を信じて。

ほな、また。