読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー:遙かなる旅路~障害に悩むすべての人へ~

ココロの病気・カラダの病気とともに生きる、50代おっさんフリーライターのブログです。

【備忘録】2月4日(土):大事なことから先にやる

日々の備忘録

f:id:Azure-Dragon:20090705213024j:plain

またまた寝坊して起床は7時NHK朝のテレビ小説「べっぴんさん」を見てから落札されたヤフオク商品出荷作業に取り掛かる。

◆できたこと・うれしかったこと

  • ヤフオクで落札された自分の出品物を、当日中に落札者あてに発送できたこと。
  • 昼間に眠り込まずに仕事をつづけられたこと。
  • 今日も時間を守ってきっちり薬を飲むことができたこと。

今日は正直言って、できたことが少なかった。薬を飲んでいなかったせいか、目の前の大事なことをやるのが怖くなって、些細なことから手を付けたのが良くなかった。

でも、最低限の生活は送れているし、大事件が起こったわけでもない。大統領が変わってからのアメリカの混乱に比べれば呑気なものだ。しっかり薬をのんで、粛々と日々の仕事を続けていこう。

◆できなかったこと・悔しかったこと

  • 「メルカリ」というフリマサービスで一悶着あって、出品者から怒りの連絡がとどいたこと。
  • 夕食の用意が十分にできておらず、粗末な食事になってしまって、自分にとって大切な「食べる喜び」が味わえなかったこと。
最近、ネットの世界ではちょっとしたすれ違いや相互の理解不足で悪口の言い合いに発展したり、一方的に相手をバッシングしたりする寒々とした状況になっている。
 
今回の僕の場合は「メルカリでのルールをよく読んで理解してから買い物をしなさい」と怒られちゃったわけでが、僕にしてみると、売主側からの返事があまりに遅かったりまったく返ってこなかったりするので、イライラしてしまうのである。結局、これも発達障害特有の考え方で、健常者には受け入れられないのだろうか。それとも、僕が関西人でいわゆる「イラチ(せっかち)」だからなのだろうか?
 

僕はやっぱり細かいことに気を取られすぎの傾向があるらしい。といっても神経質な人はどこにでもいるわけで、べつにそれが悪いわけではない。「細かいことまで気がつく」と言い直せばいいことだ。

大事なことは、重要度の高いことを優先させてしっかり終わらせるということだ。それがいまだにできていない自分が、ちょっと情けなくて腹立たしい。

ほな、また。