読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー:遙かなる旅路~障害に悩むすべての人へ~

ココロの病気・カラダの病気とともに生きる、50代おっさんフリーライターのブログです。

【備忘録】1月31日(火):できたこと・できなかったこと、そして1月をふりかえって

f:id:Azure-Dragon:20130304153853j:plain

 

「備忘録」をつけよう、などと言い出したのはいいのですが、根っからの三日坊主やからやっぱなかなか続かへんわ。夢中になったものにはとことんのめり込むけど、そうでないものにはすぐ飽きてしまう、アスペルガーの典型的な例といえるかもしれへんなぁ。

しかし、まあ手書きの日記は珍しく続けてきます。1月はほぼ毎日書きました。こんなことかつて1回もなかったもんなぁ〜。やはりおっさんになって人生の半ばを過ぎてくると、未来を夢見るよりも過去を振り返ることのほうが容易ということがあるのでしょう。

★★★

◆できたこと・うれしかったこと

  • 間は空いたが、再びはてなブログに投稿し、更新することができた。
  • 寝る前に1時間、瞑想の時間をしっかり取ることができた。
  • 抗うつ剤の減薬が成功軌道に乗り、ほぼ夜寝る前だけにのめば日常生活に支障がでることはなくなってきた。
  • 朝4:00起きもすっかり板についてきた。
  • 皮膚のアトピーも急速に回復、ストレスも徐々に軽減。
  • 部屋の中の不要なものをどんどんヤフオクに出品し、それなりに家計の足しになっていること。

 できなかったこと・悔しかったこと

  • 手持ちの現金がなくて借金を返せなかった件がいくつかあること。
  • 「こんなに病気や障害に祟られていなかったら、もっと早くに素晴らしいことができたはずだ」と悔やむことしきりであること。
  • ずっと前に買ってきている「作りおき料理」の本をみて早く本格的な和風料理に挑戦したいが、まだできていないこと。

1月の前半はセンター試験があったので、その他のやるべきことはすべてうっちゃった形になっていた。15日から本格的にダッシュできるかなと思ったが、そうは問屋がおろさない。自分はそんなに上等に出来てはいなかったんだ。

昔、スティーブ・ジョブズが「ベストを尽くしてそれでもだめだったら、それは『ベストを尽くした』 っていうことなのさ」っていう名言を残しているけれど、自分はまだまだだね。

でも、もう決して引き下がらない。やっと人生の目的地が見つかったのだから。「還暦までに東京藝大に入学する」。この夢から目を逸らさずに、2月からも頑張っていきます。

それでは、また。

 

【追伸】

偶然YouTubeで見つけた、スティングの還暦誕生パーティーのコンサートがすばらしい。ゲストで出てきたスティービー・ワンダーの"Fragile"出色の出来で、僕の耳にはほとんどスティング本人を凌駕しているレベルだ。スティング自身も曲の終わりでもう脱帽だと言わんばかりのゼスチャーをしていた。

リズム&ブルースが苦手な方には、ちょっとひつこくてくどい「豚骨ラーメン」みたいな食感かもしれないが、僕にとってはちょうどいい。スティングはさしずめ「塩ラーメンってところかな」。

どうぞじっくりとお聴きあれ。

 


Stevie Wonder - Fragile (live Sting cover)