アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【日記】1月16日:またまた転職活動の巻

f:id:Azure-Dragon:20170116221148j:plain

 

今日行った所は、こんな立派な建物というわけではなかったですが…。

 

先週アポを取っておいた派遣会社の登録会と面談に行ってきました。50過ぎのおっちゃんは正直言ってなかなか働き口はないのはこれまでの経験からもわかっているのですが、コールセンターの職なら常に人手不足で人員を募集しているし、英語やITヘルプデスクの経験が活かせてそこそこのお給料がもらえるんじゃないかと思いまして。

実は、朝寝坊がたたって20分ほど遅れて行ったんですが、担当者の女性は嫌な顔ひとつせず、あたたかく迎えてくれました。書類記入・タイピングチェックのあとに面談を30分ほど。

 

f:id:Azure-Dragon:20170116224714j:plain

 

英語とITヘルプデスクの経験が活かせる仕事をと担当者に伝えると、「ちょうど通訳のしごとなんかも入ってきたりするので、営業担当者に確認してみます」といううれしいお言葉。

センター試験が終わって、これからの目標をどうしようかなと考えていましたが、やはりオリンピックへの外国人旅行者を当て込んだ通訳ガイドをめざしたい!そこで、この3年間の新たな目標は、国家試験の通訳案内士試験を突破して通訳ガイドになることにしました。今年はとりあえず「英語イヤー」と位置づけて、徹底的に英語をマスターしていくつもりです。

欲を言えば、2018年に中国語、2019年に韓国語を覚えて、2020年のオリンピックイヤーに臨めればいいかなと。いくらなんでも欲張りすぎですか。

しかし、一度思い込んだらとことんまで突き進んでいけるのがアスペルガーのいいところ。これまで会社組織でさんざん苦労してきた分を取り返さねばなりません。そうでなければ、ただでさえ息苦しいこの社会で肩身が狭すぎる。私たちは人の顔色をうかがうために生まれてきたのではないはずです。

 

さて、先週の金曜日に受けた夜勤のあるITヘルプデスクの面接結果がもう明日・明後日にも出る予定になっています。といっても、合格の時のみ連絡をくれるということですが。それに落ちた時のために、金曜日にはニトリの営業のお仕事の面接が1件。そしてさらに、もう1つ隠し玉として、税務署の確定申告アルバイトの仕事にも応募しています。さすがにこれだけ数打っときゃ、どれかに引っかかるだろ。

 

きょうもすっかり夜更かししてしまいました。安らかな眠りのために、Stingなどはいかがでしょうか。物悲しげなメロディーが冬の夜に沁みます。トランペッターのChris Botti、チェリストのYo-Yo-Ma、ギタリストのDominic Millerとの競演です。


Chris Botti, Sting, Yo-yo Ma, Dominic Miller - Fragile