読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー:遙かなる旅路~障害に悩むすべての人へ~

ココロの病気・カラダの病気とともに生きる、50代おっさんフリーライターのブログです。

【2月4日】人の顔色をうかがってはいけない

アスペルガー日記

今日もまた、やらかしてしまいました。

朝4時にパッチリと目が覚めたのはよかったのですが、起きようという気分がどうしても起こらず、そのままズルズルと8時まで寝てしまい、結局は会社の上司に泣きを入れる始末。

9時出社のところを10時出社にしてくださいと電話でお願いしたんです。ですがそこであっさりと「それなら出社せずに在宅にすれば」とあっさり言われてしまいました。

考えてみればそれはそうです。もともと完全在宅勤務という就業体系なのですから、ずっと家で仕事していればいいわけです。ですが、周りの人からの視線や言葉に行動を左右されやすい僕は、つい上司に「がんばっている」という姿勢を印象付けようと、自分にとってとてもしんどいことを自ら言い出してしまいました。

ハァ〜、これまで幾度となく周囲の目を気にしすぎて、組織の中で疲れ果ててきた自分だから、もうわかっているはずだったのに。自分の好きなことよりも、他人の喜ぶことを行おうとする自分に、また自己嫌悪が襲ってきました。

昨日の晩にテレビを見ていたら、バラエティー番組に黒柳徹子さんが出演していて「なぜ『徹子の部屋』はこれほどの長寿番組になったのか」についてインタビューされていました。その答えはこのようなものでした。

私は視聴率のことを気にしたことはただの一度もなくて、ひたすら自分の好きなことだけをやってきたから、これだけ続いたのだと思います。

やはり、そうなんですよね。自分の好きなことをただひたすら突き詰める。これほど強いことはありません。でも、凡人は「生活をしてくために」などと考えて、ついついやりたくもないことをやってしまうんですよね。

もっともっとしっかりと、自分に言い聞かせて行かなければならないようです。人の目を気にする自分から、自分の心のままを追いかける自分へ。