読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー:遙かなる旅路~障害に悩むすべての人へ~

ココロの病気・カラダの病気とともに生きる、50代おっさんフリーライターのブログです。

【2月1日】魅力的な英語の仕事に心揺さぶられる

さすがに4日も休みがあれば、やりたいこと全部できると思ってたんだけど。

日曜日に新聞受けに入っていた、市の広報誌を見て心が揺さぶられました。「市の教育機関での英語指導員」を募集しているというのです。

雇用期間は原則3年間。その間だけ「公務員」になれて、安定した給料プラス夏冬の一時金(ボーナスのようなものかも?)も出るという好条件です。

しかしながら、締め切りが2月10日とすぐそこに差し迫っているため、今日一日ゆっくりと雑務整理にするはずが、必要書類を揃えるべく走り回る事になったのです。

なんでも、大学の卒業証明書と成績証明書の原本が必要とのこと。朝からいそいそと大学の教務に赴いて、書類の準備をお願いしてきました。

あとは、「英語を指導した経験があることを証明する書類」が必要だとのことで、どうやって手に入れたものかと思案しております。

選考試験は21日。「面接と実技」を試されるとのことで、いったいどんな内容の試験なのか想像もつきませんが、とにかく合格に向けてやれることはすべてやってみようと思います。

"If I try my best and fail, well. I've tried my best."
Steve Jobs

「もし、ベストを尽くして失敗したのなら、それは「ベストを尽くした」っていうことなのさ。」
スティーブ・ジョブズ