アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【1月29日】ピカピカの皮膚科

雨のそぼ降る寒い一日でした。

今日は9:30から皮膚科の予約を入れていたのですが、休みという開放感にすっかり負けてしまった僕は、一度は5時に起きられたのにもかかわらず得意の二度寝をやらかしてしまい。

また、そんな日に限って悪いことが重なるもの。阪急電車が設備故障でダイヤが乱れに乱れ、皮膚科に到着したのは10時すぎでした。

阪急京都線のT駅は、昔住んでいたこともあった場所です。そこにあんなでっかいクリニックがいつの間にかできていました。市民病院をふた回り小さくしたような、待合室もホテルのフロントのような受付もある、ピカピカのクリニック。

診断結果はというと、アレルギーの種類を調べるため、血液検査の目的で血を取られました。診察は1ヶ月後…って、血液検査するのにそんなにかかるんかなぁ。

その間は、飲み薬と塗り薬でしのいでくださいとのこと。まあ、いままで診てもらったどの皮膚科よりも親切に丁寧にアトピーのことを説明してくれたので、やっと良心的なお医者さんに行き当たったのだと、まずは一安心です。