アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【生活日記】なかなか全力を出しきれない最近

今日はお休みだったので近くの大学図書館に出かけてきました。

ブログの執筆に集中しようと思っていたのですが、午前中に1本書けただけで午後は眠くなってしまったりして時間を無駄に過ごしてしまい、結局午後5時に虚しく帰ってきてしまいました。

最近なぜ調子が上がっていないのかについて書いてみます。

● 鼻炎がいっこうに良くならない
去年から続いている鼻炎が治らない状態がずっと続いています。

例年ならいつもの鼻炎の薬を飲めばすぐに治っていたのですが、今年はとくにひどくもならない代わりにスッキリと治るということもなく、いつまでもグズグズと症状が継続しています。

いろいろと薬を試したりもしていますが、早く良くなることを祈るのみです。

● 朝スッキリと起きることができない
随分と暖かくなったとはいうものの、朝の5時ごろといえばまだ日が昇っていないのでうすら寒くて暗いために、早起きして頑張ろうという気になかなかなりません。

ウツを抱えていて寝起きが良くないのを克服出来ていないことも大きな要因ですね。また、朝7時から8時ぐらいでないと頭が活発に働かないこともあると思います。

習慣というものは変えるのには半年から1年かかるといいますが、本当ですね。これからも引き続き朝早く起きる習慣をつけていこうと頑張っていきます。

● ささいなことを気にする自分が情けない
こういったささいな体調不良や早起きができないといったことをいちいち気にしている自分がとても情けないと感じます。

体調や気持ちが万全でないと全力を出せないと思い込んでいるところがまずいけないですね。こういう自分の潔癖主義な部分が、自分をウツ状態に追い込んだのだとわかってはいるのですが。

もっとおおらかな気持ちで毎日を過ごせればどんなに良いだろうと考える毎日です。

★★★

今日はまったく頭のなかが真っ白で考えがまとまらず、支離滅裂な文章に突入したりしております。

こういう感情の波の激しいところが、自分でも自分自身を制御しきれない部分ではあります。

それでは、また明日。