読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー:遙かなる旅路~障害に悩むすべての人へ~

ココロの病気・カラダの病気とともに生きる、50代おっさんフリーライターのブログです。

【ブログ再開】花粉症ですっかりまいっています

・・・のように、劇的にブログを変えてやろうなんて思ってたんですが。やっぱり大風呂敷は広げるもんじゃないですな。

ここ1週間ほど、仕事の予定もはいっていなかったので、体調を元に戻そうと病院にいったりしてました。しかし、耳鼻科に行った後になって花粉症がひどくなるってどういうことなんでしょうか。

せっかくの春にもかかわらず調子が上がってこない原因について書いてみます。

● 花粉症と風邪が合併してしまっている
僕のアレルギー性鼻炎は大学生の頃から始まっています。もうおおかた20年まえのことになりますか。

その頃は「アレルギー性鼻炎」や「花粉症」という病気は限られた人のものだったので、薬局にもそれ専門の薬ななど売っていませんでした。毎年、春頃になると耳鼻科で注射を一本打ってもらってようやっと治してもらっていたのでした。

ところが、今年は珍しく3月末までまったく鼻炎が出てこなかったので「こりゃ、玄米食の効果が出てきたんだな」とひとり喜んでいたところ、耳鼻科で鼻の穴を下手に消毒されたせいなのか、急にひどい花粉症が出てきてしまいました。

それに加えてどうやら鼻風邪にもかかってしまったようで、花粉症と風邪薬といったいどちらを飲んだらいいのか困っています。耳鼻科の先生には「どこもわるくない」といわれおり、本当に困った状態です。

● 「いつもの悪いジンクス」にハマっている
僕は、これまでの生きてきた中で「ここが人生の勝負時だ!」というときにいつも本領を発揮できないというジンクスを抱えているようです。

もう10年ほども前になりますが、正社員としての採用が決まり責任ある立場の仕事も任され「さあ、やるぞ!」っていう時に、半年で2度も入院してしまいました。

結局、僕は持っている能力を十分発揮できず、その会社をリストラされてしまうのですが、あのとき体調さえ万全だったらもっと違った人生が開けていたんじゃないかとつくづく悔しく思っています。

● ちょっとした体の不調のため集中力が落ちている
僕のもう一つの弱点として「ちょっとでも体調がすぐれないところがあると、集中力がガタ落ちになる」というところがあります。

アスペルガーのみなさんにはよくあることだと思いますが、自分の得意な分野や好きなことをしているときは、何時間でも集中できてしまったりするものです。僕もその例にもれず、英語やITのことについて勉強したりしているときには、3時間ぶっつづけでパソコンに向かっても疲れを感じません。

しかし、今回のように花粉症や風邪などのちょっとした体の不調が起こると、普通の人ならなんとかやり過ごせるところをすっかり意気消沈してしまい、全部を投げ出してしまったりするのです。

★★★

寒さに弱い僕の場合は、この気持ち良い春の季節はなかなかの曲者だったりもします。せっかく仕事がいろいろと増えてきて、新年度にスタートダッシュをかけようと意気込んでいるところで、体がついてこないのは本当に悔しい気持ちです。

しかし、愚痴ばかり言っていても仕方ないので、明日の週始めからは気合を入れて、頑張って行きたいと思っています。