アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【マネー日記】「お金の使い方」を振り返る

3月17日が確定申告の申請最終日なので、1年間の領収書と格闘しながら申請書類を書いています。

ついでに2年前、3年前の確定申告書を見返したりもしていました。そうすると、いかに自分がその日暮らしでお金の使い方にだらしなかったのか、本当に呆れてしまいました。

ここで「お金の使い方」について、自分の反省を書いてみます。

● 何にいくら使ったのかにまったく無頓着だった
昔の領収書やレシートをチェックしてみると、何万円も平気でクレジットカード払いをしていたり、そもそも領収書が月別にきちんと仕分けされていなかったりと、野放図な状態が明らかになってきました。

そもそも転職をして収入が減っているにもかかわらず、まったく同じ勢いで支出を続けていたのですから、お金がなくなるのも当然ですね(汗)。

これからは、何にいくら使ったのかを毎日その都度チェックし考えなおし、少しでも無駄遣いを減らす努力をしなければなりません。

● ひんぱんに買い物しすぎている
何にいくら使ったのかきちんと把握できていないのは、あちこちでバラバラに買い物をしていて、自分からお金の使い方を複雑にしワケがわからなくなっていたことも原因の1つです。

毎日思いつきで買い物をするのではなく、例えば食料品は休日にまとめて買うなどの方法を取っていれば、自分の金遣いの粗さをもっと抑えることができたんではないかと思います。

「なるべくなら買い物をしない」「するならまとめて一箇所で買う」という原則を徹底していくことにしたいと思います。 

● お金を稼ぐことにだけに考えが偏っていた
お金を稼ぐことが重要なのは言うまでもないですが、お金をいかに使うかはもっと重要です。

自分が本当に大切だと思うものにお金を払うことが、毎日の生活ひいては人生を充実したものにすることになるんじゃないでしょうか。

ある程度の年齢になったなら、手に入れることで最高に自分の心が満たされる物とはいったい何なのか、考えなおしてみましょう。

★★★

僕もこの3月で50歳の大台に乗るのですが、なぜこの歳になるまで気づかなかったのかと悔やむことしきりの毎日です。

しかし、いいように考えれば「今気づいておいて本当によかった。これから挽回しよう」という取り方もできます。

まだまだ景気がいいとは言えない今の日本で豊かに生きていくために、一度は立ち止まって自分のお金の使い方をじっくりと考えてみましょう。