アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【仕事日記】想定外のアクシデント続出

ハードな一日になるだろうなとは思っていましたが、やはりのアクシデント続出の現場作業でした。

どんなことがあったかについて書いてみます。

● アサイチの現場で店の人が来ない

午前8時30分には現場の店舗前に来たのですが、10分待っても20分待っても誰も来ない!僕は表の入り口前と裏口との間をまるで熊のようにウロウロしていました。

本当の偶然で、昨日の現場でも顔を合わせていた空調工事会社の社員さんが「店の人は午前10時ごろにならないと来ない」と親切に教えてくれました。

結局、1時間強待ったところでようやく店の中に入れて、作業を開始できたのでした。 

● プリンタがインクカートリッジを認識しない

そこでさらにアクシデントは続きます。

今回はパソコン用の印刷機を入れ替える作業だったのですが、焦って作業している時に限って突発的な不具合が起こるものなんですね。4色のインクカートリッジのうち1色だけ、何回装着しても認識しない不具合が出るのです。

最終的に、1件目の現場は他の作業員が別の新品の印刷機を持ってくるということで、作業が終了できずに次の現場に急行したのでした。

● ついでに運も悪かった

電車の乗り継ぎが悪く、駅のプラットホームに着いた途端に電車が発車してしまったりしたのが2回もありました。

そのくせ交差点では運良く(?)青信号ばかりだったので、先を急いでいた僕はバタバタ走り詰めで、ゆっくり休むヒマもありませんでした。

唯一ホッと出来たのは、高級住宅街にある幹線道路沿いのファミレスで、おいしい生姜焼き定食を食べられたことでしょうか。

★★★

昨日も書いたのですが、自分は現場を飛び回る仕事はつくづく向いていないなと悟りました。

その都度交通費が持ち出しになる上に、1件あたりの作業単価が安くて、正に骨折り損のくたびれ儲け。

その上、道に迷ったりなれない地域で電車を乗り間違えたり散々でしたので、これからはそういった仕事は引き受けないことに決めました。