アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【仕事日記】やったら意外とおもしろかった

心中では不安で仕方がなかった今日の現場仕事でしたが、実際にやってみるのは違っていました。

今日はやってみて良かったことについて書いてみます。

● 朝きっちりと目が覚めた
やはり早朝からの仕事で緊張していたためか、朝はきっちり起きることができました。

いつもならありえない、午前6時には家を出ていました。

やはり、仕事からくる適度のストレスというのは、規則正しい毎日に必要だということです。

● 行動が素早くなった
今日一日で3箇所を回る予定で、しかも一箇所を1時間以内に終わらせなければならないので、とにかく頑張りました。

3件目では、再調査のために一旦退出した現場に呼び戻されるというアクシデントもありましたが、最終的にはうまくいきました。

行動がいつもより素早くなり、かつての自分を取り戻せた気がします。

● やり遂げた充実感が得られた
一日走り回って仕事をやり終えると、やはりそれなりの充実感が得られました。

家に帰るのも楽しくなりますし、少ない時間を有効に活かそうという気持ちが起こってきます。

この勢いをずっと持続させることが、復活への第一歩だと感じました。

★★★

明日は5箇所を回るハードスケジュールですが、頑張って行ってこようと思います。

しかしながら改めて感じたことは「自分は現場で突発事故に臨機応変に対応できるタイプではない」と悟ったことです。

それに一件あたりの単価もそれほど良くないので、やはり効率的に稼ぐにはオフィスで働くほうがいいなと感じた日でもありました。