読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー:遙かなる旅路~障害に悩むすべての人へ~

ココロの病気・カラダの病気とともに生きる、50代おっさんフリーライターのブログです。

【仕事日記】見積りで疲れました

今日は朝からまる1日かけて「提案書」作成をしていました。

「提案書」とは、クラウドソーシングにアップされている「ネット上での仕事」に応募するために、仕事の段取りや費用の見積もりを記載したものです。

どんなお仕事かというと「海外ネットメディアの英語翻訳」ということでした。

どんな点が自分にとって魅力的なのかを書いてみます。

● ちょうど自分が別ブログでやろうとしていた

僕は以前から海外のIT事情に興味があり、英語メディアのウェブサイトを読んだりして情報収集をしてきました。

IT業界のトレンドはやはり英語のサイトをチェックするのがベストな方法なのです。最先端のIT情報はまず英語で発信されるからです。

ちょうど僕が別のブログでこれからやろうとしていたことを、報酬をいただきながらやれるということは本当に楽しいことなので、またとないチャンスなのです。



● コンピュータ一台あれば時と場所を選ばず仕事ができる

クラウドソーシングの仕事というのは、ネットを介して仕事を請負い業務完遂させられるものなので、インターネットにつながったコンピュータがあればいつでもどこでも仕事ができます。

「時と場所を選ばない働き方」というのは、僕がここ数年ずっと追い求めてきたライフスタイルです。

うつやアスベルガーの人間が組織の中で働くことは極めて難しく精神的苦痛を伴うことなので、これはとても重要な事なのです。

● 報酬が大きい

お金がすべてではないのですが、報酬額の大きさというのは自分が今回心惹かれた重要な要素の1つでした。

1ヶ月間の仕事で、現在の月給のほぼ1.5倍の報酬を得られるというのは、とても大きいです。

英語にからんだ仕事というのは、たとえオーバーワークになったとしても苦痛どころかとても楽しいことなので、それが十分な報酬という形で報われるのはとてもうれしいです。

★★★

今日応募した仕事以外にも、いくつか翻訳の仕事の募集がアップされていて、期待に胸が膨らみました。

明日あさってもがんばって提案書を作成・提出して、なんとかお仕事をとっていきたいと思っています。

今日はそういうわけですっかり疲れてしまったので、これからの時間はリラックスして早めに休むことにします。

それでは、また。