アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【生活日記】今朝は早起き、できました!

今朝はやっと、だらだら朝寝坊から抜け出すことができました。「いったい何度目の正直なんだ」という話ですが。それに、起きたのは6時で、そんなに早くはないんですけれども。

しかし、僕にとってはこれは大きな一歩です。早起きができればジョギングも毎日行うことができるようになり、これからの展望も開けてきます。

今後の方向性について書いてみます。

● 心の健康につながる

「心の問題は体で解決できる」と、僕の尊敬する人から教わりました。

特に僕はもともと考え方がネガティブで、考えれば考えるほどどんどん悪い方向へ傾いていってしまう傾向があります。

毎日体を動かすことで、考え方がポジティブで健全な方向へ向かってくれることが期待できます。

● 午前中の時間を有効活用できる

およそどんな自己啓発本を読んでも「早起きの効用」を述べていないものはなく、人生においてうまくいっている人はほぼ間違いなく「早起きの習慣」が身についています。

「夜型人間」が一概にダメだということはないんでしょうけれども、他の人が活動していなくて人混みに会うことがない上に前向きかつ冷静な頭で考えることができる朝を活用しないのは、やはりもったいないと言えるでしょう。

これからの目標としては、午前中にその日の重要なタスクを全部片付けてしまうことですね。そうすると午後からの時間をとてもリラックスした気持ちで過ごすことができるでしょう。

● 夜の時間にムダに落ち込むことがなくてすむ

やるべき事柄を昼間に済ませてしまえば、夜がゆったり音楽でも聴きながらくつろぐことができます。体も心もクールダウンすることができるのです。

僕の場合は、夜の寝る前の時間にヒーリング・ミュージックを聴きながら瞑想やストレッチをすることで、すんなり眠れる環境づくりができるようになってきました。

日中の時間を有意義に過ごすことができれば、たとえアスペルガーやうつを抱えていたとしても、それに打ちのめされることなく立ち向かっていけるのではないでしょうか。

★★★

まだたった一日、朝起きられただけのぬか喜びですが、季節もぼちぼち春めいていることですし、いい方向に向かっていける兆しなのかなと思っております。