アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【体の不調】「朝活」がうまくいかない理由

今朝もまた起床が午前9時頃になってしまいました。おはようございます。

昨夜は午後11時には休んだのですが、どうしても朝眠くて起きることが出来ません。

この原因はいったいどこにあるのか、自分なりに考えてみます。

● 「コリ」が全身に
昨夜はずっとインターネットで「マッサージ・鍼灸」をしてくれるお店を探していました。

ここ最近、肩こりから始まって、腰・ふくらはぎ、土踏まずのコリがかなりひどくなっており、自分で触ってみてもカチカチに固まっていることがわかるぐらいです。

毎日自分でマッサージをして寝ていますが、痛みとコリがあまりにも頑固なので、素人の対症療法ではどうにもならないことに気づきました。

朝に早起きできないのは、この全身のコリも影響していると考えられるので、仕事が一段落する3月になったら、鍼灸師に診てもらおうと思っています。

● やっぱり「運動不足」
早起きができていないので、どうしてもジョギングも最近滞りがちになっています。

普段は積極的に歩いたり、階段を2段飛ばしで上がったりして自分なりに鍛えてはいるつもりですが、あまり効果はないようです。

やはり、心拍数が普段の2倍になるくらいの運動を毎日続けることが、体調や頭脳の働きひいては情緒安定にもつながると思うので、これからは朝遅く起きてもジョギングだけは続けることにします。

● 最後は「気合」?
いつもは目覚まし時計を3つもかけて起きるようにしているのですが、目が覚めても目覚ましを全部止めてしまってまた寝てしまうのは、やっぱり「気合」とか「根性」の問題なのかなとも思います。

あれもこれもアスペルガーのせいにするのは問題なのですが、僕は昔から自分の好きなことはとことんのめり込んでつづける一方で、興味のないことには鼻も引っ掛けませんでした。

そうは言ってもいつまでもだらしない生活をしているわけにもいかないので、気を取り直して明日からも早起きを目指していきます。

★★★

こうやって書き連ねてみると、だらしない自分の現状に情けない思いがしますが、誰も自分に代わって面倒をみてくれるわけではないので、泣き事を言ってもしかたありません。

問題をひとつづつ潰していって、少しで良い方向に向かえるよう、努力していきたいと思います。