アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【シンプルライフ】携帯キャリア3社を回って話を聞いてみた

先日のブログで「ソフトバンクショップでiPhoneからケータイへ超安く乗り換えられる」という話をしましたが、今日はその続きです。

午前中に派遣会社へ派遣登録に出向いた帰り道で、ドコモ、auソフトバンクの各ショップが三軒立て続けに並んでいるという珍しい光景を目にして「こりゃあ〜いっぺんに全部回れるチャンス」だと思い、飛び込んで話を聞いてきました。

いづれのショップでも、質問は「iPhoneからケータイへMNPで乗り換えたいが最安のプランを教えてほしい」です。

● ソフトバンク
応対してくれたのは、いかにも派遣社員風20代ギャル店員でした。

はっきりいっていちばんひどかったのがここでした。ソフトバンクショップはいつ行ってみても店員の質が携帯他社2社に劣るというか、社員教育が全然なっていませんね。

こちらへ向けての話のしかたが「お客さん相手」というよりはまるで友達と話しているような緊張感まったくなしの感じで、具体的な料金の説明もほとんど口頭でさらっと済ませただけでした。

店をあとにしようと「それではちょっと考えてみます」と言って帰ろうとした僕の背中に向けて「悩んでください」と言い放ったのにはびっくりしました。

● ドコモ
応対してくれたのは、一見して主任級クラスのアラサーばっちりメイク美人店員でした。

さすがドコモだけあって立板に水のごとくスマートに説明してくれ、しっかり自社の携帯電話も宣伝していましたが、肝心の見積もりは口頭でちらっと触れる程度で説得力に欠けました。

最後に「ヤフオクから携帯電話を入手して持ち込んだ場合はどうなるか」とも質問してみましたが、さすがに渋い顔をしていました。まるで「半沢直樹」の大和田常務のように「やれるもんならやってみな!」みたいな雰囲気も漂って・・・極端に言えば。

● au
ここでは、まだ社会人になって数年目な感じの初々しさの残る女性店員が応対してくれました。

見た目はちょっと頼りなかったのですが、その第一印象はすぐに覆されました。他社での解約料金やキャリア転出料金も具体的な金額を教えてくれ、かつiPadで見積もりを示しながら自社の最安プランを何件か教えてくれ非常にわかりやすく好感が持てました。

それと、auの携帯電話で以前から気になっていたGratinaという機種が、なんと一括0円になっていたのがわかりました。まったくの偶然とはいえ、これは大きかったですね。

★★★

結局、auで対応してくれた若い女性店員が社会人にまだなってあまり立ってないような初々しさを残しながらも、説明内容が一番わかりやすく見積りが迅速で料金を具体的に教えてくれたので、おそらくauで決まりかなと思っています。

まだはっきり決心したわけではありませんが、たぶん数日中にもiPhoneをやめることになるのではないでしょうか。