読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー:遙かなる旅路~障害に悩むすべての人へ~

ココロの病気・カラダの病気とともに生きる、50代おっさんフリーライターのブログです。

【シンプルライフ】お金の「出ずる」を整理する

これまで「お金」についてはだいぶ苦労してきましたが、いろいろなものをやめたり整理することで、ようやっと最近落ち着いてきました。

今日はお金の出口の整理についてお話していきます。

● 気分次第で気ままに出費
これまでの僕は、収入が少ないことで自分自身に嫌気がさしていて「直感的な出費の仕方でもかまへんわ」といったある意味投げやりな感じでお金を使ってきました。当然、毎日・毎月の予算などもまったく立てずに「どんぶり勘定」でやっていました。

しかし、当然のことながらこれでは行き詰まりが来るわけで、必要な時に必要な経費をタイミングよく支払えないことが多々発生してきました。

そこで、去年から今年にかけて「お金の出口」をしっかり検証することに専念してきました。

● 「お金の出口」を総点検
まず始めたことは、お金がどこから出て行っているのか、きちんと見極めることでした。

僕の場合は、収入に締める割合で大きなものはざっと考えると以下の費目でした。
・食費
・公共料金
・健康保険料
・家賃
・携帯電話代

これまでは、すべての費目で銀行引き落としに設定していましたが、銀行口座に入金することを忘れてしまったりして、あとから来た請求書であわてて支払うことを繰り返してしまいました。

これでは、日々の生活がとてもあわただしく、落ち着かいないものになってしまいますので、ここをきちんと改めることにしました。

● 出費を減らし支払い方法を整理
これらのうち、「家賃」「公共料金」は、削ることができないので代わりに支払い方法を見直し、ネット銀行からの自動振込機能を利用したり、クレジットカードから自動支払することによって、支払いもれをなくすことにしました。

「健康保険料」については、ひと月あたりの支払い額が少なくなるように市役所に相談して月々の負担を軽くすることができました。

食費については、コンビニエンスストアで買い物をしないことで、地元の商店街で安くて少量のものを買い求めることを習慣づけ、出費を抑えることに成功しつつあります。

携帯電話代に関してはまだ具体的なアクションは取っていませんが、ゆくゆくはiPhoneガラケーに戻し、最終的には携帯電話じたいをやめてしまうことで、出費をなくすことを計画しています。

★★★

私たち日本人は、都会に住んでいる限りはお金さえあればとても便利な生活を送ることができますが、それと引き換えに心の平静を失ったり、高額なサービス料金を知らず知らずのうちに支払うことに慣れてしまっています。

節約することで出費を減らすことはもちろんですが、携帯電話・テレビ・コンビニなどを控えることによってシンプルな生活を手に入れるとともに、自由に使える時間を生み出して知的・生産的で心穏やかな生活を送ることが、本当に豊かだといえるのではないでしょうか。