アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【習慣化の苦闘】なかなかうまくいかないもんです・・・

昨日から「早寝・早起きの習慣はいいですよ」などとさんざん言ってきた僕ですが、実のところなかなか思ったとおりに行かずに苦戦しています。

今朝も予定通り午前5時にスッキリ起床できたとこまでは良かったのですが、ジョギングや朝食などをひと通り済ませたあとでなんだか気がぬけてしまい、二度寝することに相成ってしまいました。

その原因を自分なりに分析してみます。

● 「気分の落ち込み」がぬけない
やはり、昨年の体調面での管理の失敗がいまだに尾を引いていて、その精神的ショックから完全に抜けきってはいないというのが本音です。

普通、二度寝すると結構幸せな気分に今まではなっていたのですが、最近はますます気分が落ち込むばかりで逆効果になっています。抗うつ剤もあまり効果がありません。

「とにかく行動!行動!」と自分に言い聞かせながら、日々頑張っていくしか気分を上向ける方法はないのでしょう。

● 依然、経済的にも厳しい状態がつづく
もし経済的に余裕がある場合は、美味しいものでもたらふく食べて幸せな気分になれるのでしょうが、それもできないのがツライところ。

先日から、家庭教師の仕事を一気に2件受注したりして、収入を増やす方向で動いてはいるのですが。

あとは、ひたすら固定費をへらして節約、節約です。

● 「ごほうび」を用意していない
早起きをするには目的をしっかり持つことが大切ですが、それと同時に「ごほうび」を用意しておいたほうが長続きするということです。

僕の場合、それを全く準備していないのが現状なので、朝起きてやるべきことをやってしまうと、そこからモチベーションをキープするのがまだとても難しいです。

ま、人間は楽をしたい生き物ですから、それなりの楽しみを用意しておかないと、続くものも続かないですよね。


以上、3つのポイントをじっくり反省した上で、なにか早起きのインセンティブになるようなものを用意しようと思います。スイーツ好きな人だったら、好きなケーキを用意しておくなどということになるんでしょうが、僕は甘いモノは自分から積極的には食べないので「ごほうび」にはなりにくいですね。

今日からは仕事始め。午後からのシフトをまずはしっかりと務め上げて、明日の休みに「戦略」を練り直そうと思っています。