アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【動画】さあ、歌おう!踊ろう!

だらだら過ごしている間にもうお正月も3日目!餅も食ったし、初詣も行ったし、おせちに飽きてKFCのチキンなんかもついでに食っちゃったし、なんて御仁も多いのではないでしょうか。

せっかくなんで、今日もしばらくおつきあいくださいな。今回は、世界の街で最近流行になっている"Flash Mob"を3つご紹介しましょう。

フラッシュ・モブ」というのは何かといいますと、大勢の人が街角の広場などに何の前触れもなく集合して、統制されたパフォーマンスを披露するというもの。くわしくお知りになりたい方は、こちらをチェックしてください。

それでは、さっそくいってみよー!

● 【動画1】これぞ「フラッシュ・モブ」っていう典型の映像

まずは、スペインのサバデル銀行が、創立130周年を記念して企画したフラッシュ・モブです。

フラッシュ・モブはいわゆる「ドッキリ」の要素もあるので、なるべくそれと知られないように行うというのがスマートなやりかただと僕は考えています。

ちなみに、ウッドベースの男性の帽子にコインを入れている女の子も「仕掛け人」の一人だそうです。

● 【動画2】セクシーなフラッシュ・モブ

2番めはアメリカのガールズシンガーグループ、元デスティニー・チャイルドのビヨンセのヒット曲に合わせたフラッシュ・モブです。

コメントなんかを見てみると「これはフラッシュ・モブとは言えない!」という意見もあるようですが、まあ固いこといいなさんなって感じですね。

だって、金髪のきれいなオネェチャンがレオタード姿で踊っているのを見て、楽しくないわけがあるでしょうか?!(って、男の僕だけの感想ですな)。

● 【動画3】南国のビーチでノリノリのダンス!

さて、本日最後の動画はこれ!僕がいろいろ見てみた中でもっとも盛り上がっていて、見ていて楽しいフラッシュ・モブです。

意地悪な見方をすれば、あらかじめ撮影することを意識しすぎて、「作りこみすぎ」の感がありますが、それを差し引いても十分に楽しめる内容だと僕は思います。

さて、いかがでしたか?僕のように「ぼっち正月」を過ごしていた人も、これを見て元気になってくれればいいなと思います。

今日は思い切って外出してみよう!なにかいいことが起こるかもしれませんよ。