アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

【年末のご挨拶】今年一年、ありがとうございました、って・・・

こんばんは。

2013年最期は、今年気になった「占い」について、自分なりにまとめてみます。

● 「数秘術」が自分の正確を的確に示している

先日、占いの先生に見てもらったお話をしましたが、その前日に下記のサイトで自分の性格についてあらかじめ調べてみました。

数秘術:性格占い

ここでは自分の生年月日と名前から自分の性格を知ることができます。ちなみに僕の場合はこういうふうに出ました。

【僕の基本的な性格】

■誕生数 「7」   キャラクター 「光と闇の錬金術師」

あなたは奥深いスピリットの持ち主です。個性的な考えの持ち主で、他の人にはなかなか理解されにくいかも知れません。時として心の奥にある光と闇が対立して、葛藤したり不安定になることが多いでしょう。それは、例えば寂しがり屋なのに、自分で人を避けてしまうなどの矛盾した形で現れてきます。

あなたの深い精神は、他の人が思いつかないような独創的なアイデアを生むエネルギーとなります。ただし、優れた才能を持っているのに、現実面での行動力には欠けるようです。それが極端になると、自分でも何がしたいのか分からなくなり、空しさと迷いの中で漂うことになります。

まずは自分の特性を把握し、夢や目標に向かって一心に突き進むことが、あなたにとって成功のカギとなるでしょう。

● 良くも悪くも現実離れした自分が明らかに

こうしてみてみると、自分には創造性は備わっているが、行動力に欠ける面があるようです。

たしかに、今年の自分を振り返ってみても、自分の考えだした「幻影」に惑わされ、浮かれていたように思います。

そうした現実離れした思考が、今年後半の落ち込みにつながっていると判断できます。

● 来年、いや今年こそ地に足の着いた年にしたい

自分は良くも悪くも「考えすぎ」で、「行動力」に欠けている所があります。

今年は、以下のことを心掛けて活動していくことにします。

「行動してから考える」または「行動しながら考える」

「職人」を目指して専門性を磨く



ここで年末のご挨拶をして締めることを考えていたのですが、テレビ東京で放送している「東京ジルベスター・コンサート」の演奏に聴き惚れていて、年を越してしまいました。

みなさん、あけましておめでとうございます。

本年がみなさんにとって、すばらしい年になりますように。