アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

お金に振り回されないために

このブログには何度も書いておりますが、今年は僕にとって「最高と最低を体験した年」になりました。

その原因のひとつが、長い人生だれでも無関心ではいられない「お金」です。

「お金」に振り回されない生活を得るために、来年から注意するポイントは3つです。

● クレジットカード請求が「0円」になるようにする
クレジットカードやキャッシュカードを使い慣れてしまうと、「お金を使う」という感覚を忘れてしまい、まるで「自分のお金を銀行から引き出す」こととの見分けが自分でも分からなくなってしまいます。

僕の場合は、高額商品の買い物はしなかったのですが、メルマガの購読料支払いやiTunesストアで細かい買い物をしたりするのにすっかり慣れてしまい、塵が積もって毎月けっこうな金額を引き落とされる破目になっていました。

これからは「クレジットカード使用禁止」を来年のキャッチフレーズにして、一日でも早く「カード会社からの請求が0円になること」を目指します。

● 冷蔵庫や玄関をきれいにする
今住んでいる自宅は、もともと広い所からやむを得ず移ってきた所なので、あまり愛着が湧かず掃除もまったくしていませんでした。

しかし、少し前に「断捨離」ブームがあったように、自分の部屋を片付けキレイにしておくことは、自分の深層心理にも良い影響を与えて、モチベーションアップにもつながります。

まずはとっかかりとして、食物でいっぱいになっている冷蔵庫と、ちらかっている玄関を整理整頓することで、自分の生活を立て直そうと思っております。

● 使うお金を「消費」「投資」「浪費」に分けて管理する
「お金に振り回されない生活」を実現するためには、やはりそれなりの「ツール」が必要だと考え、家計簿をつけることにしました。

明るい貯金生活家計簿 2014

明るい貯金生活家計簿 2014

この家計簿は、「年収200万円からの貯金生活宣言」というベストセラー本の著者の横山光昭さんが監修したものです。この方の提唱する「横山式貯金プログラム」に沿って作られており、僕もいっちょそれに乗って(ダマされて?)みようかなとおもい、来年一年間記入してみることにしました。

これまではお金を使うことと、使用した金額を記録することだけは実行していましたが、見直しを全くしていなかったので自分自身を管理できていませんでした。

この家計簿のキモであるところの「使ったお金を3つのカテゴリ(消費、投資、浪費)に分けて把握する」ことで、お金との正しいつきあいかたを勉強しようと思っています。

世間では「アベノミクス」などといって浮かれているようですが、そう簡単に給料がアップするわけじゃなし、消費税も春からアップするわでそうそう明るい未来が待っているわけではありません。

みなさんも、ここらでちょっと立ち止まって、自分とお金の付き合い方を見なおしてみるのも、面倒ではあるけれども悪いことではないのではないでしょうか。