アスペルガー革命:遙かなる旅路〜発達障害に悩むすべての人へ〜

発達障害やうつとつきあい始めてはや20年、寛解と社会復帰を目指す50代おっさんフリーライターのブログです。

努力で突き進む人生から、目に見えないものに指針を見出す人生へ

今日は冷たい雨の降るあいにくのお天気だったので、どこへも出かけずすっかり自宅に引きこもっていました。

精神的にけっこう落ち込んでいる感じなので、今夜は思いつくままにいってみたいと思います。すんません。

★★★

2013年後半における、我と我が身をふりかえっても本当に情けなくなるような状況を見るにつけ「自分はここまでダメな人間だったのか」とほとほと嫌になってしまう感じがしています。

しかし思い返してみれば、自分の体調が万全で仕事もうまくいき、精神的にも安定している時期に、逆に調子を崩している人を見下したりミスを激しく叱責したことがあったのを思い出しました。

結局、自分はこれまで本当に我と我が身のことしか考えておらず、まことに自分勝手な人間だったなと反省しきりです。これまでも何度となく窮地に陥ったことがありましたが、そのたびに親兄弟や友達に助けてもらったことを、すっかり忘れていました。

まあ、現在まではひたすら己を頼み「自分の運命は自分ですべてコントロールしてみせる」と考えながら、運命の流れにさからってきたのですからその反動が津波のように襲ってきたということなのかもしれません。

今までの人生を総括してみると、周囲の環境や自分以外の人間のせいにしていっこうに我が身を正そうとしなかった自分が最大の問題であったのでしょう。「自分は強い人間だ」と思っていたのが、実はとてつもなく弱い人間だったことを、思い知らされました。

いい変えてみると、弱い人間だったからこそ、うつになったりしてしまったのかもしれません。

これまではこんなことはなかったのですが、こんな時は「占い」なんかに頼ってみてこれからの行く末を決めるのもいいのかもしれません。

★★★

明日は、何年ぶりでしょうか、占いの先生に自分の運勢を見てもらってこようと思っています。目に見えるものよりも、目に見えないものに、自分が思いもよらなかった解決法が潜んでいるのではないかと期待しております。